スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.23 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    りぼん90年代特集から感じた細かい世代のちがい

    0
      「ROLa」というアラサー向け女性誌を買った。今月号は「90年代女子カルチャー特集」ってことで、面白そうなのでゆっくり読もう〜とパラパラめくってたらあっという間に読破。
      りぼんについては作者インタビューもあり、読み応えあった

      ROLa
      創刊されて間もないらしい


      ROLa
      少女文化と言えばりぼん! ってことで90年代のりぼんの特集



      90年代はフルでりぼんを読んでたのだが、この特集見てて思ったのが「あ〜〜20代後半向けの特集っぽいなー」ということ。
      あと、雑誌にくわえてツイッターなんかも見つつ、
      「こどちゃがこの世代に支持されてるのは知ってたけど、そんなにか」って思った。

      このこどちゃがトップに出てくる感じって80年代に置き換えると、ときめきトゥナイトになるのかなぁ……と思いつつ、このトップのポジションに居た過去の連載ってなんだろう? と考えてるうちに、気が付いたらこんな表つくってた。
      なんだこの表……。


      人気連載変遷

      --上の表について--
      各連載の連載期間と、各年代の人がいつごろりぼん読んでたんだろう? ってのが分かるようにしたくて表にしてみた。
      70年代はもっと読者の年齢層も高かったとも言うけど、
      ときめきトゥナイト以降は「小学5~6年生ごろにりぼん読んでた人が周りにも多かった」とか、「その頃に読んだものが一番印象深い」って人が多い感じなんじゃないかと思う。
      そして、だいたい小学3年ぐらいで読んでる人が増えだして、中1ぐらいでやめる人が増えるんじゃないか……というところから「(一般的な)購読期間」を設定してみた。
      りぼんって3歳違うと読んでたもの(というか子供時代に友達と一緒に盛り上がった連載)がほぼかぶらないのだ。



      30代後半にとっての、連載中にリアルタイムで盛り上がった「ときめきトゥナイト(第1部)」のポジションが、20代後半にとっては「こどものおもちゃ」になる……とすると、その間の世代ではどうだろう
      30代前半にとってはそれが「天使なんかじゃない」で
      30代中盤にとっては「星の瞳のシルエット」なんじゃないかと思うがどうか。(※2013年現在の年齢です)

      こう考えると、対象年齢28歳(85年生まれ)前後という雑誌で「こどちゃ」「ご近所」が上位1〜2位というのに納得だ。

      表を改めて見てみると、「星の瞳」と「天ない」の間って2年ぐらいある。意外と長い。
      この頃と言えば「ときめきトゥナイト第2部」や「ハンサムな彼女」が人気だったけど、こういう特集で上に挙げたような作品以上に取り上げられることもなく。なんでだろ〜?? その前後と比較したときに弱いからかな。



      また、今回の特集で特に取り上げられてるりぼん連載作品は以下のとおり。
      ・こどものおもちゃ
      ・ご近所物語
      ・ベイビー★LOVE
      ・ママレードボーイ
      ・グッドモーニングコール
      ・姫ちゃんのリボン
      ・神風怪盗ジャンヌ

      これに関しても「あ〜〜20代後半向けの特集っぽいなー」と思った。

      「天使なんかじゃない」が出てなくて、その代わり「ご近所物語」で、
      更に90年代初期の連載の中では、比較的低めの年齢層に人気だったかな? という印象の「姫ちゃんのリボン」が出てるところが。(連載当時小学校高学年だったのだが、ちょっと年下の人たちに人気、という印象)


      ……と思って、またまた別の表をつくってみた。
      今回の特集で紹介されてた各連載の本誌掲載時期について。

      あとアニメ化された作品が多いのも90年代の特徴だと思うので、
      それぞれの放映時期も入れた


      90年代変遷
      ある世代から見たら「なんで天ないがないんだ!」ってなるこのラインナップ!


      大人っぽい?⇔子供っぽい? については独断で、なんとなく。
      厳密にじゃなく「なんとな〜くそうかな〜〜」ぐらいな感覚で見てもらえばいいと思う。
      (実際90年代後半に高めの年齢の読者を確保してたのは「ご近所」だったと思う)

      アニメ化されたものは、りぼん購読年齢よりちょっと年齢低くても見てんじゃないかな。玩具も買うだろうし。
      ……と思って、各年代のアニメ視聴期間(推定)もつけた。(あくまで「一般女子」の話ですよ、いっぱん!)
      これによってアニメ化されたものは見てる世代がちょっと広がる。


      あとこれ見てて、「グッドモーニングコール」と「ジャンヌ」が同時に連載されてた時期って、やっぱクラスでもそれぞれを好きな層はグループも違ってそう! となんとなく思ったが、どうだったんだろう??

      この頃もこの頃で、この世代の人たちにとっては「りぼん黄金期」なんだろうなー。
      (りぼん特集でよく見る「黄金期」の文字…。「80年代は黄金期」「90年代は黄金期」それぞれそう言われてるのをよく見る。)






      ついでに全然関係ないが、個人的な趣味でつくった岡田あーみん年表
      (読み切りは入れてません)

      「だからなんなんだ」でしかないと言えばないが、
      初対面の人に思い切ってあーみんの話を振ろう ってときなんかにもしかしたら使えるかもしれない。使えばいいよ、みんな!

      あーみん年表
      とりあえず、20代にあまり通じないことだけは分かった

      1

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • りぼん60周年企画「ときめき回廊」行ってきた
        りんご
      • 60周年だけどむりやり35周年を振り返る
        かすみ
      • 60周年だけどむりやり35周年を振り返る
        りぼん鬼
      • 60周年だけどむりやり35周年を振り返る
        かすみ
      • 「おともだちがほしい!」のコーナー
        りぼん鬼
      • 「おともだちがほしい!」のコーナー
        なるぞう
      • 「おともだちがほしい!」のコーナー
        りぼん鬼
      • 「おともだちがほしい!」のコーナー
        なるぞう

      recommend

      ときめきトゥナイトロマンチックアルバム (愛蔵版コミックス)
      ときめきトゥナイトロマンチックアルバム (愛蔵版コミックス) (JUGEMレビュー »)
      池野 恋
      99年の完結記念に発売されたロマンティックアルバム。これを見れば全てがわかる、ときめきファン必須アイテム!

      recommend

      recommend

      recommend

      お父さんは心配症 5 (りぼんマスコットコミックス (463))
      お父さんは心配症 5 (りぼんマスコットコミックス (463)) (JUGEMレビュー »)
      岡田 あ〜みん
      大人の事情で表紙がすこし変わってしまった5巻。インド人もビックリヨ!!

      links

      profile

      書いた記事数:18 最後に更新した日:2017/01/15

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM